逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは

胃液などが食道に逆流して、食道の粘膜が炎症を起こしている状態です。胃には強い酸性の胃液から粘膜を守る粘液があります。粘液は傷付いた粘膜の修復にも役立っています。
ただし、食道には胃液から粘膜を守る機能がありません。そのため、逆流が起こると強い酸にさらされた食道粘膜が炎症を起こし、びらんや潰瘍ができる逆流性食道炎になります。
薬物療法で比較的治しやすい病気ですが、食生活や姿勢、肥満などの生活習慣によって再発しやすい傾向があります。合併症として食道がんなどの深刻な病気もありますので、しっかり治して生活を改善し、再発を防ぎましょう。

逆流性食道炎の症状

  • 胸やけ
  • 胸の痛み
  • 呑酸(酸っぱいものが上がってくる
  • めまい
  • 耳鳴り

一般的に上記のような症状があります。

逆流性食道炎の原因

原因には、食道の逆流を防ぐ機能や蠕動運動の低下、食事内容、姿勢、肥満、腹圧、薬の副作用などがあります。逆流を防ぐ機能や蠕動運動は加齢により低下します。そのため、高齢になると逆流が起こりやすく、起こった逆流を素早く戻す蠕動運動も弱まっているため逆流性食道炎を起こしやすくなります。
脂肪分やたんぱく質の多い食事、食べ過ぎ、喫煙なども逆流リスクを上げる要因になります。また、肥満や姿勢の悪さ、腹部の締め付けなど腹圧が上がると逆流が起きやすくなります。
実際には、いくつかの原因が重なって発症しているケースが多くなっています。

逆流を防ぐ仕組みの低下

下部食道括約筋という筋肉が、食道と胃のつなぎ目のところにあります。飲食物を胃に送る時を除き、この筋肉が締め付けることで逆流を防いでいます。この筋肉が弱くなると逆流を起こしやすくなります。

食道の蠕動運動の機能低下

消化器全体は蠕動運動によって食道から直腸に向かって内容物を運んでいます。この蠕動運動が活発であれば、逆流が起きて胃の内容物が食道に戻ってきてもすぐに胃に戻されます。蠕動運動が弱くなっていると逆流がなかなか解消せずに食道にとどまるため、炎症を起こしやすくなります。

脂肪分やたんぱく質の多い食事、食べ過ぎ

脂肪の過剰摂取によりコレシストキニンという酵素が分泌されますが、この酵素は下部食道括約筋を緩める作用を持っているため、逆流性食道炎のリスクが上がります。たんぱく質は消化に時間がかかるため、逆流を起こす可能性のある時間が長くなります。食べ過ぎは消化に時間がかかること、そして胃が引き延ばされることで逆流リスクを高めてしまいます。

腹圧

ベルトや衣類による締め付け、姿勢の悪さ、肥満などで腹圧が上がると胃が圧迫されて逆流を起こしやすくなります。日常生活やお仕事で前屈みになることが多いのもリスクになります。

加齢

加齢により、筋肉である下部食道括約筋は衰えますし、蠕動運動は低下します。また、唾液量が減るため高齢になると逆流性食道炎になりやすい傾向があります。

薬の副作用

喘息や血圧、心臓病をはじめとした全身疾患で用いられる治療薬には、下部食道括約筋を緩める副作用を持つものが珍しくありません。そのため、なんらかの病気になって薬の服用をはじめてから逆流性食道炎になるケースがよくあります。その場合には、お薬手帳、あるいは服用している薬をすべて持ってご来院ください。
なお、ピロリ菌の除菌治療では、胃液分泌が正常化して一時的に逆流性食道炎の症状が出るケースがありますが、ほとんどの場合、その後自然に解消します。

逆流性食道炎の診察と検査

逆流性食道炎の診察と検査

症状や既往症、薬の服用などについて詳しく伺い、内視鏡検査で食道の粘膜を直接観察します。検査では、進行の程度、食道裂孔ヘルニアの有無、食道がんとの鑑別、胃の食道に近い噴門部の状態、胃がんの有無などもしっかり確認します。
食道裂孔ヘルニアは逆流性食道炎を起こす原因になるもので、内視鏡検査では食道と胃の間を隔てる裂孔の緩みなどを観察します。検査中に組織採取もできるため、確定診断が可能です。
なお、当院では苦痛の少ない、楽に受けられる胃内視鏡検査を行っています。経験豊富な専門医が診察・検査・治療を一貫して行っておりますのでお気軽にご相談ください。

治療

逆流性食道炎は、適切な検査と治療により比較的早く症状を改善できる病気です。逆流性食道炎が進行して、手術が必要のなるケースはほとんどありません。
ただし、生活習慣が大きく発症に関与しているため、再発も多くなっています。そのため、しっかり治療を受けて症状が改善してからも、生活習慣を改善して再発を防ぐことが重要です。

薬物療法

薬物療法

炎症の状態や症状に合わせて、適切な処方を行います。主に、胃酸の分泌抑制、食道粘膜保護、胃酸中和といった薬を使用します。

PPI

胃粘膜の壁細胞にあって胃酸を分泌するプロトンポンプの働きを抑制します。これにより胃酸の分泌を抑えます。再発防止にも使われます。

H2ブロッカー

ヒスタミンH2受容体への刺激をブロックして胃酸分泌を抑制します。H2ブロッカーは市販薬にもありますが、医師処方のものは症状や粘膜の状態に合わせて適切な有効成分の含有量をしっかりコントロールできます。

消化管運動機能改善剤

消化管機能と蠕動運動を改善して消化を助け、胃に飲食物がとどまる時間を短縮します。これによって逆流を起こしにくくしていきます。

制酸薬

症状の緩和と炎症の改善のために、胃酸を中和する薬です。

粘膜保護薬

炎症を改善するために、食道の粘膜を保護する薬です。
※それぞれの薬剤は効果持続時間が異なるため、上手に併用することでより高い効果が期待できます。

治療と再発予防のための生活習慣改善

軽度の逆流性食道炎の場合、服薬をせず生活習慣の改善のみでも症状を解消できるケースもあります。また、服薬によって症状がなくなっても、生活習慣をそのままにしていると再発を起こしやすいため、生活習慣改善はとても重要です。

控えるもの
  • 脂肪・たんぱく質
  • 胃酸分泌を促す食品
  • 食べ過ぎ
  • 唐辛子など刺激の強い食品
  • カフェイン(コーヒー・紅茶・抹茶・濃い緑茶)
  • 酸っぱいもの・甘いもの
  • 消化の悪いもの
喫煙、飲酒について

喫煙や飲酒は逆流性食道炎を悪化させやすいためできるだけ控えましょう。
また、アルコールには筋肉を緩める作用があるため、下部食道括約筋も緩んで逆流を起こしやすくなります。

睡眠

就寝は食後2時間以上経過してからにしてください。
横になると症状が起こりやすい場合には、クッションなどで上半身を少しだけ高くしてみてください。

腹圧

胸やお腹を締め付ける衣類やベルト、下着の着用は控えましょう。重いものを持ち上げる、前屈みになる、猫背などを避けてください。

肥満解消

肥満は腹圧を上昇させて逆流性食道炎のリスクを上昇させます。適度な運動を行ってバランスの良い食生活を心がけ、肥満を解消しましょう。

047-314-1110 24時間WEB予約
一番上に戻る
オフィシャルサイト 口コミを見る 口コミを書く