内視鏡専門医師による苦しくない胃・大腸内視鏡検査内視鏡専門医師による苦しくない胃・大腸内視鏡検査

当院の内視鏡検査の取り組み

内視鏡検査をより多くの方に受けて頂けるように、当院では様々な取り組みを行い苦痛なく楽に受けられる内視鏡検査をご提供しています。胃がんや大腸がんは早期発見すれば治療により治すことが可能な病気です。早期発見、予防に内視鏡検査は欠かすことができません。
当院ではがん予防のために定期的な内視鏡検査を受けることをお勧めしております。

01 鼻と口から選べる内視鏡検査

苦痛の少ない経鼻内視鏡検査

当院では経鼻内視鏡と経口内視鏡の2種類からお選びいただけます。特に苦痛なく受けられる経鼻内視鏡は嘔吐感もなく検査時に医師との会話も可能です。

02 最新の次世代内視鏡システム

最新の次世代内視鏡システム

世界初の次世代内視鏡システム『LESEREO(レザリオ)』は2種類の独自のレーザー機能搭載で微細な血管の変化も見逃しなく観察が可能です。

03 実績豊富な内視鏡専門医師による検査

実績豊富な内視鏡専門医師による検査

診察・検査・手術はすべて日本外科学会専門医・日本内視鏡学会専門医の資格を持つ医師が行います。内視鏡検査は年間2,000件以上の豊富な実績があり安心して検査が受けられます。

04 鎮静剤を使用して寝たまま検査

鎮静剤を使用して寝たまま検査

患者様が楽に安心して検査が受けられるようにお一人おひとりに適した量の鎮静剤や鎮痛剤を使用して検査中はウトウトした状態で検査を終えられます。

05 リカバリー室でゆっくり休息

リカバリー室でゆっくり休息

検査後は、鎮静剤が体から抜けるまでゆっくりとベッドでお休みいただけます。カーテンで仕切りをするのでプライバシーにも配慮した空間でお休みいただけます。

当院の内視鏡検査と対応疾患

辛くない大腸内視鏡検査の挿入法

大腸内視鏡検査の挿入時には、腸を伸ばしながらスコープをおし進めるため
お腹が苦しく痛みを感じることが多いのですが、
当院では、そのような苦痛や痛みを取り除くべく“無送気軸保持短縮法”という挿入法を用いて
大腸内視鏡検査を行っています。
この挿入法により、従来の痛みや苦痛を和らげることができ、
腸管穿孔(腸に穴があく)といった重篤な合併症を引き起こすリスクを抑えることができます。
無送気軸保持短縮法は、大腸内視鏡検査の実績や経験が豊富で鍛錬を要する難しい手法です。

内視鏡検査による精密検査・2次検査

おしりから出血・血便の症状がある

おしりから出血・血便の症状がある

便に血が混じっている、おしりから出血がある、トイレットペーパーに血が付くなどの症状や便潜血検査で陽性反応が出た方は、大腸や肛門から出血している可能性があります。精密検査には直接粘膜を観察することができる大腸内視鏡検査を受けることが大切です。おしりからの出血は、大腸がんの可能性もあるためなるべく早めに検査を受けましょう。

健診・人間ドックで、再検査になった

健診・人間ドックで、再検査になった

健康診断や人間ドックの診断結果で要再検査や要精密検査などの結果が出た方は、2次検査・精密検査に対応している当院にご相談ください。2次検査は病気の早期発見や予防が目的とされています。必ずしも重篤な病気であるというわけではありませんが、治療が必要かどうか見極めるためにも、なるべく早めに2次検査を受ける事をお勧めします。

医院案内

住所 〒272-0021
千葉県市川市八幡3-3-3アイビスビル 地下1F
TEL 047-314-1110

内視鏡検査(予約制)

外来・検査 9:00−12:00
手術・検査 13:00−15:30
外来 15:30−17:30

第2日曜日(検査のみ) 休診日:水・日(第2除く)・祝

047-314-1110 24時間WEB予約
一番上に戻る
オフィシャルサイト 口コミを見る 口コミを書く